大学生の彼女の作り方!欲しいけどできないなら試すべき方法5選

大学生の彼女の作り方で悩むのは、学校以外の出会いの場です。 大学生になったから遊ぶためのお金が必要。そんな感覚でアルバイトを探す人は多いはず。 でもアルバイトだって立派な出会いの場です。お金ではなく、女性と出会う目的で探してみるのも一つの手です。 バイト先での出会い、大学生の彼女の作り方としてはまず打倒な所でしょう。 ファミレスなどの飲食店であれば、まず試しに通ってみるのもいいかもしれません。 同年代の女の子がバイトしていて、そこが求人を出していたら儲けもの。

大学生の彼女の作り方!欲しいけどできないなら試すべき方法5選

大学生の彼女の作り方/4つのポイント

授業には積極的に出席する

大学生になったのだから授業はそっちのけでとりあえず遊びたい!
そんな安易な考えはちょっと待ってください。
つまらない授業に出ても彼女はできない、そんな事はありません。
大学生の彼女の作り方として一番良いのは、授業に出る事。これは間違いありません。
授業には女性もたくさん居ます。喫茶店では隣に座れなくても、大学の授業では隣の席にだって座れるでしょう。
同じ講義を受けていれば親近感だって沸きますし、分からない所を聞いてみる事だってできます。
考え方を変えてみれば、授業だって立派な出会いの場へと早変わり。正攻法での大学生の彼女の作り方です。
同じ講義を受けていれば、女性の方もあなたの顔を覚えてくれるかもしれません。

お金じゃない!アルバイトで出会う

大学生の彼女の作り方で悩むのは、学校以外の出会いの場です。
大学生になったから遊ぶためのお金が必要。そんな感覚でアルバイトを探す人は多いはず。
でもアルバイトだって立派な出会いの場です。お金ではなく、女性と出会う目的で探してみるのも一つの手です。
バイト先での出会い、大学生の彼女の作り方としてはまず打倒な所でしょう。
ファミレスなどの飲食店であれば、まず試しに通ってみるのもいいかもしれません。
同年代の女の子がバイトしていて、そこが求人を出していたら儲けもの。
「あの時お客で来てた人だ」なんて噂をされるかもしれませんし、それが会話のきっかけにもなります。
女性と会話するのが苦手な人でも、仕事の話であれば話をしない訳にはいきません。
最初は分からない所を聞くだけでも、そのうち慣れればランチに誘う事だってできちゃいます。

サークルで趣味の合う彼女を見つける

大学生活の醍醐味はサークルだといっても過言ではありません。
大学生の彼女の作り方としては最もマイナーな手段と言えますが、サークルで趣味の合う人を探すのは効率の良い方法です。
会話が苦手であったとしても、自分の趣味の事ならば問題なく話をする事もできるでしょう。
野外活動系やスポーツ系のサークルだと、気になる相手とペアで行動できる可能性だって大いにあります。
大学生の彼女の作り方は外にだけ存在する訳ではありません。インドアのサークルの場合は、自分の腕の見せどころ。
得意な分野を披露して、彼女の注意を引きましょう。
サークルとは最も価値観の合う女性を見つける最適な場所です。積極的に参加する価値はじゅうぶんにあります。

盛り上がりに乗じる!イベントを狙え

大学生の彼女の作り方としてはベタな方法かもしれませんが、ベタなだけに意外と効果があるものです。
大学で行われる学園祭・文化祭などは、大学生活での目玉となるビッグイベントです。
もちろんそれを成功させるためには、入念な準備や打ち合わせが必要になります。
イベントの準備を手伝う事、一緒に片付けたり掃除をしたり、そんな事も大学生の彼女の作り方を考える上では重要なイベントへと変わります。
毎日顔を合わせている相手でも、イベントの時には気分が盛り上がるもの。告白のキッカケを探している人には正にベストなタイミングです。
また、自分の大学だけでなく、他校のイベントもまた出会いの場と考えるべきでしょう。
知らない大学で、イベントの場所を尋ねてみたり、道を聞いたり。違和感なく会話のできる絶好の機会です。
考え方ひとつで、どこにでも出会いは溢れています。大学の中、外、広く目をむける事が大学生の彼女の作り方のカギとなります。

積極的に女の子と知り合う機会を作る

大学生の彼女の作り方を考える上で女の子と知り合う機会を増やすことは必須となります。
大学生は自由な時間が多いので恋愛をしやすい環境にありますが、逆に言えば自由過ぎて自分で調整をしなければまったく女の子と知り合わないということもあり得ます。
ゼミにも消極的、サークルやバイト活動もしないようではいくら大学生でも彼女ができるわけはありません。
女の子が集まりそうな場所にはなるべく顔を出すようにして知り合いを増やしていきましょう。
もちろんその場にいるだけでは彼女にすることはできませんので、積極的に声をかけて仲良くなっていくことも大切です。
大学生の彼女の作り方の成功率は女の子と知り合った数に左右されます。

友達が多ければ彼女を作るチャンスが増える

大学生の彼女の作り方のコツは男女問わずに友達を増やしていくことです。
大学生の彼女の作り方に固執すると彼女候補となる女の子と知りあうことばかりに意識がいってしまいますが、友達を増やすことは遠回りのようで重要になってきます。
大学生はグループで行動をすることが多いので、大学生の彼女の作り方で簡単なのはグループに所属することになります。
ですが友達が少なければそもそもそのグループの輪に入ることが難しくなります。
友達が多ければ合コンに誘われたり、女の子を紹介してもらえる可能性も広がります。
また女友達の評価を高めておけば気になる女の子がいる時にそれとなく後押しをしてくれるかもしれません。
友達を増やすことでチャンスも増えていくのです。

女の子にとって一緒にいて楽しい人になる

大学生は社会人に比べると恋愛のハードルは低いです。
女の子が彼氏に求めることは人それぞれではありますが、社会人のように高スペックであることよりも一緒にいて楽しいと思われることが大学生の彼女の作り方では肝心になります。
女の子とのコミュニケーションを意識して、その場を和ませるようなキャラクターを目指していきましょう。
一緒にいて楽しい人は必ずしも面白いことを言える人である必要はありません。
女の子が話しかけてきた時に適切な相槌が打てるなどでも十分です。
自分の話をしっかり聞いてくれて、同意を示してくれる人であれば女の子は話しやすい相手だと考えるので口下手でも心配はいりません。
大学生の彼女の作り方はいかに女の子を楽しませるかにかかっています。

微妙な年齢だからこそ大人の女性として扱う

大学生の女の子はまだまだ子供っぽさを残しながらも大人の女性への変化の途中です。
大学生の彼女の作り方は、女のに子供っぽさがあることは十分意識しながらも大人の女性として扱うことがポイントになります。
例えばデートに誘うにしても高校生であればお金をかけずにちょっとしたお出掛けをしても十分成り立ちますが、大学生はそれでは満足できません。
きちんとプランを練って使うべきお金は使いながらデートをしなければガッカリされてしまい次はなくなってしまいます。
大学生の彼女の作り方は相手の気持ちを理解することがポイントであり、どっちつかずの年齢であるからこそ少し背伸びをさせてあげることがあなたの評価を高めます。

大学生で彼女がいないのはやばい?

大学生で彼女いないのはやばいのか?ということで悩む男子学生は多くいるでしょう。
自分の周りで彼女と仲良くしている友達などを見ると、焦るという気持ちもあるでしょうし、ますます大学生なのに彼女がいないのはやばいという気持ちが芽生える可能性があります。
ただ、大学生にもなって彼女がいないのはやばいということを思う必要は全くありません。
というのも、大学生の彼女がいるい割合というのは意外と高くはないのです。
データでは6~7割の大学生は恋人(彼女)がいませんから、大学生で彼女ができない、いないというのは、データから言えば多数派の方に属します。
現代は昔の価値観とは違い、男性の草食化が進み、彼女がいないことにネガティブな感情を抱く人が減り、それによって焦ってまで恋人を作らないといけないとは思わない人も実は多くいるのです。
だから、大学生の彼女のいる率というのは思ったほどは高くなく、大学生で彼女がいない人の割合の方が高いという状況を見ると、大学生で彼女いないのはやばいという状況ではないのでしょう。
彼女がいないことに焦ってしまうと、誰でも良いからみたいな感情になり、好みでもない人と付き合って失敗する可能性もなくはないので、焦らない方が良いのではないか?と思います。
大学生で彼女がいる率を考慮すると、彼女がいないことは割と普通ですから、本当に好きな人がいればアプローチをしてみるくらいの感覚でいった方が上手くいく可能性は高まると言えます。
大学生では彼女はアルバイト先で作ったり、サークル内で作ったりということもあると言えますし、チャンスはいろいろなところに転がっているので、その中で好みの女性を見つけるということをまずやっていきましょう。

大学生は彼女を作るべきなのか

大学生になったら彼女は作るべきといわれる理由の一つが、コミュニケーション能力を磨くのに重要なノウハウが詰まっているからです。
恋愛でなくてもさまざまなコミュニケーション能力を磨くことはできますが、彼女を作るほど真剣に挑めるかはかなり差がでます。仕事や同性関係では学べないことも多いため、異性と会話して技術を磨くことが将来にプラスになる場合があるのです。
例えば、恋愛に関する話題は雑談として優秀で、恋愛に対する姿勢からその人の性格が読み取られることもあります。営業やプレゼンが恋愛にたとえられることも珍しくなく、人に思いを伝える、わかりやすく加工する技術を学んで損が無いのです。
濃密な関係であるほど関係性の構築が難しくなるのもポイントで、自分と異なる価値観に触れられることも大きなプラスになるのです。価値観が固まっていると想像の幅が狭まってしまうことも珍しくなく、恋愛が仕事や作品作りに影響を与えるといわれる理由にもなっています。
社会人になって忙しくなると彼女を作る時間自体が作れないケースもでてきます。大学生になったら彼女は作るべきといわれるのは時間の都合でもあるのです。職場で恋愛ができるとは限らず、職場に限定して恋愛をしようとするとトラブルに繋がりがちという問題もあります。大学生は彼女を作るべきなのか考える場合はその後の人生で恋愛に時間をさけるか考えるのも大切です。大学生なら彼女は作るべきという人の中には恋愛のタイミングを逃してしまった人が含まれる場合もあるのです。
ある程度年齢を重ねることで彼女作りを諦める人や、お見合いなどを経由しなければ相手が見つからない状態に陥ることもあり得ます。
大学生は彼女を作るべきと考えるのであれば、さまざまな情報を調べなければならないのもポイントです。ファッションや食事のスポットなど、女性の好みなどを考えて学ばなければ相手を口説くこと自体が難しくなります。ブライダル産業が成立するように、恋愛や結婚が産業になるケースもあり、ビジネスに影響を与えることも学ぶとまた視点が変わります。学んだことをそのまま営業や、異性のビジネスパートナーを作ることに役立つ場合もあるため学んで損はないのです。
大学生は彼女を作るべきではないという考えもありますが、結婚している人の多くは知り合い経由で紹介をしてもらうことが多く、大学時代に相手を見つける割合が高くなっています。大学生は彼女を作るべきなのか考えるのであれば、その先にチャンスが少ないことも理解し、早めに工夫をすることが大切であることも考えた方が良いのです。

 

参考にさせて頂いた記事/大学生の彼女の作り方!恋人が欲しいなら試すべき10の方法

 大学生の視点で彼女の作り方を解説しているサイトです。とても参考になったのでこちらに掲載しておきます。